カテゴリ:スズメ目レンジャク科( 12 )

キレンジャクとヒレンジャク

a0206496_17560957.jpg
今日はもう夏か?思わせるような暖かさでしたが

冬鳥のレンジャクの群れは、まだこの地に留まっていました

一枚目の画像は翼と尾の先が黄色いので黄連雀

二枚目の画像は尾の色が赤いので緋連雀と呼ばれています

緋連雀の群れの中に、少数の黄連雀が紛れ込んで群れを形成しているようです

ほとんど同型の鳥なのに、何故この様な色や数の違いが生じるのか不思議ですが

群れの中の少数派の黄レンジャクを見つけると訳も無く嬉しくなります

因みに緋連雀の緋の字の意味は火のように、濃く明るい紅色だそうです。


a0206496_17561534.jpg
ブログ見てくださってありがとうございます。


[PR]
by 0-cha | 2018-03-14 18:25 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(0)

ヒレンジャク

a0206496_16591479.jpg

a0206496_16592761.jpg

a0206496_16590297.jpg
a0206496_17022367.jpg


a0206496_16575966.jpg
a0206496_16583124.jpg
a0206496_16582009.jpg


ヒレンジャクが電線に鈴なりに止まっていました。
こうしてずらりと連なって並んでいる姿を見ると
なぜ連雀(レンジャク)と呼ばれるのかが解ります。


ブログ見てくださってありがとうございます。


[PR]
by 0-cha | 2018-03-10 17:05 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(0)

ヒレンジャク



a0206496_14590201.jpg
2年ぶりにヒレンジャクに会いました
悲しそうな声でヒーヒーヒーと鳴いていました
又どこかで会えたらいいな。




a0206496_07080504.jpg


ブログ見て下さってありがとうございます。


[PR]
by 0-cha | 2018-02-23 15:01 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(0)

日曜日のヒレンジャク

a0206496_9324636.jpg
a0206496_958479.jpg
a0206496_9335823.jpg

今朝もヒレンジャクに会えました
今年はヒヨドリが多いので餌捕り競争が激しいです。


ブログ見て下さってありがとうございます。
[PR]
by 0-cha | 2015-02-15 09:42 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(0)

ヒレンジャク

a0206496_715245.jpg
a0206496_535368.jpg

a0206496_7163347.jpg

去年は見れなかったヒレンジャクが、今年はやって来ました!
美味しそうにクロガネモチの実を食べていました。


ブログ見て下さってありがとうございます。
[PR]
by 0-cha | 2015-02-02 05:42 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(6)

ヒ(キ)レンジャクの食事風景その2

a0206496_6364634.jpg
a0206496_63784.jpg

キレンジャク
a0206496_6371917.jpg

キレンジャク
a0206496_6383437.jpg

一応、隠れて写真を撮っているつもりなのですが
ヒレンジャクはカメラのレンズの存在に気付いているみたいです。
今度はいつあえるかな~?

ブログに御訪問ありがとう御座います。
[PR]
by 0-cha | 2013-02-25 06:44 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(2)

ヒレンジャクの食事風景 その1

a0206496_6362251.jpg

a0206496_6364754.jpg
a0206496_6377100.jpg
a0206496_6372542.jpg
a0206496_6374629.jpg
a0206496_6381856.jpg
a0206496_639641.jpg
a0206496_6391763.jpg


1週間程前の写真です。

現在は、我が家の南天や御近所のモチの樹の実を全て食べ尽し

姿を現さなくなりました。




ブログに御訪問ありがとう御座います。
[PR]
by 0-cha | 2013-02-24 06:46 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(0)

ヒレンジャクを探して早朝福山城散歩

(先日からの続き)

先日、ヒレンジャクの群れを目の当たりにして

その生命力の持つ迫力に圧倒されて

ヒレンジャクの魅力に取り(鳥)憑かれたようだ

再度ヒレンジャクを見たい、そう思って

何処へ行けばヒレンジャクを見ルことが出来るか考えた

ヒレンジャクはクロガネモチの実を好んで食べるようなので

福山市街地に居るのなら必ずあの場所に居るに違いないと考えた

あの場所とは福山城公園である

福山城公園には沢山クロガネモチノキが植えられていて鳥の絶好餌場になっている

そこで

今日は日曜なので早い時間に福山城に散歩に行くことにした

a0206496_14205627.jpg

朝人のいない福山城
a0206496_14221793.jpg


福山城公園の街路樹にはモチノキの類が植えられているので

きっとヒレンジャクが来るに違いないと予測して

辺りを探してみた

a0206496_14245344.jpg

いたいた
a0206496_14253668.jpg

ヒレンジャクが電線にとまってクロガネモチを狙っているがしかし
a0206496_1427313.jpg

同じクロガネモチを狙ってヒヨも人通りが切れるのを待っている

その他ツグミなども同じ餌を狙うライバルが沢山居る競争の激しい場所だ

辺りは住宅地で、長時間住宅に向かって(実際は電線なのだが)望遠レンズを構えていると

付近住人に不審者と思われて警察に通報されそうなので早めに写真を撮るのは諦めた

頑張れヒレンジャクとエールを送ってその場を離れた

ヒレンジャクを確認して福山城公園からの帰り道に

やはりクロガネモチが街路樹として植えられている通りを通ってみたら

a0206496_14372241.jpg

やはりヒレンジャクが居た
a0206496_1438377.jpg

ヒレンジャクの真下からの撮影
ヒレンジャクは頻繁に糞をするので
糞の直撃を避けながら写真を撮った
折角ならヒレンジャクの糞の写真も撮っとけば良かったと
今ブログ書きながら後悔している。


見て下さってありがとう御座います。
[PR]
by 0-cha | 2013-02-17 14:45 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(0)

ヒレンジャクが我が家にやって来た その2

突然、自宅前の電線にレンジャクの群れが飛来した

今年に入って、ずっとヒレンジャクを探していたけど

まさか家の前まで来てくれるとは思っていなかった

ウレシイと言うより、唖然としたと言った方が合っている

数十羽の集団だが大きな鳴き声は無く、静かに辺りの様子を窺っている様子だ。


a0206496_4332385.jpg

か細く、小さな声でヒーヒーヒーと鳴いている

a0206496_4343821.jpg

一番右は尾が黄色いのでキレンジャクだと思う

a0206496_4275364.jpg

道路に人影が無くなると餌の生る樹へ急降下

a0206496_4283725.jpg

ヒレンジャクの群れにはキレンジャクも混ざっていた


a0206496_429375.jpg

特徴的な翼のキレンジャク


a0206496_430736.jpg

キレンジャク

ウェキペディアからの引用
全長約19.5cm。体はおもに赤みのある灰褐色で、頭部には冠羽がある。次列風切羽の先端部に、赤い蝋状の突起物があるのが特徴である。これは羽軸の先端と外弁の一部が変化したものとみられており、ヒレンジャクにはないが、キレンジャクのほかヒメレンジャクにも見られる。この蝋状の物質がレンジャク科の英名「ワックスウィング」(Waxwing) の由来である。


a0206496_4302860.jpg

キレンジャク


a0206496_4361385.jpg

ヒレンジャク 一見、南国風の色彩だけど北国生まれの渡り鳥だ

a0206496_438374.jpg

なぜかヒレンジャクを見ると、イタリアのスポーツカーを連想してしまう

a0206496_4432075.jpg

鳥は群れで居る時は結構大胆である。

a0206496_438796.jpg



a0206496_4355162.jpg

息を殺してベランダに隠れて夢中で写真を撮ったので疲れた

a0206496_4442867.jpg


クロガネモチの実を目当てに集まったヒレンジャクの群れは徐々にその数を増やし

最終的には100羽を超えていたと思います。

住宅密集地なので普段は、お目にかかれない光景でした

15分位この場に留まって樹と電線の間を行ったり来たりしていたが

車が下の道路を通った時に、一斉に夕日が沈む西の方角へ飛び去ってしまった。





見て下さってありがとう御座います。
[PR]
by 0-cha | 2013-02-16 05:11 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(0)

ヒレンジャクが我が家へやって来た

先日、念願だったヒレンジャクの写真を撮って満足感とその余韻に浸っていた

しばらくは、ノンビリとマイペースで鳥の写真を撮っていこうと

余裕のある気持ちになっていたが

しかし、、ヒレンジャクがそれを許さなかった

事もあろうか帰宅すると、我が家の前の電線にヒレンジャクの群れがとまっていたw(゚o゚)w


a0206496_1973117.jpg
a0206496_1975411.jpg
a0206496_1982161.jpg
a0206496_1984111.jpg


沢山写真を撮ったので明日、続編をお送りします。



見て下さってありがとう御座います。
[PR]
by 0-cha | 2013-02-15 19:13 | スズメ目レンジャク科 | Trackback | Comments(2)