人気ブログランキング |

風見鶏日記 

daablog.exblog.jp
ブログトップ

気になったニュース

国語世論調査
「ら抜き言葉」使う人、多数派です


「見れた」「出れる」など 若い世代ほど使う割合が高く
 文化庁が21日発表した2015年度「国語に関する世論調査」では、「見れる」など文法的に誤りとされる「ら抜き言葉」を使う人が1995年度の調査開始以来、初めて多数派になる例が出た。

 「今年は初日の出が見られた」という例文では、「見れた」を使う人の割合が48.4%で、「見られた」の44.6%を上回った。「早く出られる?」という疑問文も、「出れる」(45.1%)が「出られる」(44.3%)より多かった。また、若い世代ほど「ら抜き」を使う割合が高かった。

文化庁は「『ら』を入れると受動か可能かが分かりにくいが、『初日の出が見れた』と言えばすぐに可能の表現と理解できることから、『ら抜き』が広まっているのではないか」と推測する。

毎日新聞サイトより引用(リンク)




自分のブログに文章を書く際や普段の生活の中の会話で
「ラ」抜き言葉は文法的に間違いと知りながら
楽なので「ラ」抜き言葉を使って、密かに罪悪感を感じていた私としては
今回の国語世論調査の結果「ら抜き言葉」使う人が多数派というニュースは
気持ちを少し楽にしてくれるニュースでした
状況に応じて使い分けが出来れば、一番良いのでしょうが
これから時代とともに「ラ」抜き言葉を使う人が増えれば
「ラ」抜き言葉が正しい日本語として認識されていくのかもしれないですね。


ブログ見て下さってありがとうございます。
by 0-cha | 2016-09-23 08:09 | その他色々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://daablog.exblog.jp/tb/23235490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。