日常の撮影記録


by O-cha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

春のしまなみ海道サイクリング

尾道市から今治市を結ぶ「しまなみ海道」には日本で初めて海峡を横断できる約70キロの自転車道が整備されていて、サイクリストの聖地として人気を集めています。
私自身、今まで1泊2日の今治までの縦走と、尾道から瀬戸田までの日帰りサイクリングに2度行ったことがあり、春になるとサイクリングに出かけたくなります。
今回が三度目のしまなみサイクリングですがタイミングよくお花見サイクリングになりました。


a0206496_8492156.jpg

まず尾道レンタル自転車ターミナルで自転車を借りて、向島に渡ります。
大人運賃100円プラス自転車運賃10円を支払って向島に出発です。





a0206496_6175811.jpg

向島に渡りしばらく自転車を漕ぐと一番目の橋、因島大橋が見えてきます
対岸の因島は霧の中です。

a0206496_541111.jpg

因島大橋の特徴は車道と歩行者、自転車、小型バイク道が分離して二層になっているところ
自動車が頭の上を走り、その下の自転車が走る道路は鉄板で出来ていて
鉄板の継ぎ目の隙間から下を覗くと、数十メートル下に海が見えます
高い場所が苦手な人にとっては居心地が好くないかもれません。

a0206496_545450.jpg

因島に渡ると、あちらこちらからキジのの鳴き声が聞こえてきます
畑の中にオスのキジを発見しました
人間をあまり気にする様子もなく畑の中をノンビリ歩いていました。


あ、こっちにもいた
a0206496_1761962.jpg

a0206496_17104048.jpg

因島のサクラはちょうど満開でした
霧がかかった天気が、桜の美しさを引き立たせてくれました。

a0206496_9534124.jpg

因島を通り抜けて二つ目の橋 生口橋を通過、雨も上がり一安心。
橋を渡った生口島は観光やグルメの見所の多い島ですが、目的地はまだ遠いため残念ながらスルー
いつかゆっくりと訪れて見たい場所です。
a0206496_10282683.jpg

生口島をノンストップで走り抜けると、多々良大橋が美しい姿を現しました。
数年ぶりの再会です。
レモン畑に囲まれた橋へのスロープを上がって行きます。

a0206496_1152666.jpg

橋を渡る途中に「多々羅鳴き龍」で遊んでみました
主塔部の歩道に立って大きな音を出すと、日光東照宮の鳴き龍と同じ現象である「多々羅鳴き龍」が発生します。

a0206496_1154838.jpg

これは多重反響(フラッターエコー)と呼ばれる現象で、主塔が逆Y字型という特性から音が主塔の内側の面を繰り返し反射し共鳴しながら、上に向かって登っていくように聞こえる。この現象を体験できるよう、この付近には撥が置いてあります。
そして、丁度この辺りが広島県と愛媛県との県境になります。



a0206496_619332.jpg


四国側(大三島)に渡ると自然の生命力が一段と強くなって野性味を帯びたような気がします
無事に県境を越えて、多々羅岬の多々羅展望台で昼食をとる事にしました
桜に囲まれた素晴らしいロケーションでした。

a0206496_20374422.jpg

多々羅展望台から望む多々羅大橋と生口島

a0206496_20432745.jpg

多々羅展望台から見た風景

a0206496_7314678.jpg

多々羅展望台から見た多々羅キャンプ場方面

a0206496_6511159.jpg

多々羅大橋の大三島側の自転車専用スロープには桜が沢山植えられていて
桜の中を爽快にくぐり抜けて坂を下って行きます今回のサイクリングの山場の一つでした
桜が散る頃には、桜吹雪の中のサイクリングが楽しめそうと妄想が広がります。

a0206496_129018.jpg

大三島では足が痙攣しはじめ、ヒーヒー言いながらの道中でしたが
何とか4番目の橋大三大橋までたどり着きました
この橋を渡れば伯方の塩で有名な伯方島です。

a0206496_7595569.jpg

道の駅マリンオアシス伯方から、塩アイスを舐めながら
五番目の伯方大島大橋を眺める

a0206496_6321429.jpg

大島でのサイクリングコースは、高低差がおそらく一番大きくてプチヒルクライム状態でした
周りの景色を楽しむ余裕も無くなってきたけど
峠を越え下りに差しかかり安堵、水辺の桜に癒されました。

a0206496_12531123.jpg

ようやく6番目の最後の橋 来島海峡大橋に到着しました
全長4105mの巨大つり橋です
その巨大さに圧倒されます
ちなみに
普通自動車の通行料はETC無の場合1,750円ですが
自転車は無料です。

a0206496_15492425.jpg

長い橋を渡ると今日宿泊するお宿サンライズ糸山が出迎えてくれます
清潔でリーズナブルなサイクリスト達のオアシス、お遍路さんの姿も見えました。

a0206496_518178.jpg

宿泊した部屋から見た来島海峡大橋
この日は残念ながらライトアップされていませんでしたが、ライトアップされれば
さぞかし綺麗だったでしょう。

a0206496_20465643.jpg

翌朝散歩した糸山公園から見た来島海峡大橋
愛媛の桜は、広島の桜より開花が遅い気がしました。

a0206496_7192414.jpg

糸山公園展望台からの眺め サンライズは拝めず(泣)

a0206496_431815.jpg

さてさていよいよ復路の始まりです来た道を只ひたすらひき帰します
この日は天候に恵まれて海の青さ空の青さが目に沁みます。

a0206496_2050489.jpg

空と桜

a0206496_2052196.jpg

大島から見る宮窪瀬戸の潮流

a0206496_405385.jpg

伯方大島大橋を航る

a0206496_20535791.jpg

伯方大島大橋から見た景色
a0206496_1735391.jpg


伯方大島大橋から見た景色

a0206496_2055718.jpg

桜咲くサイクリングコース

a0206496_5394114.jpg

伯方ビーチ

a0206496_7581034.jpg

大三島の桜

a0206496_14523585.jpg



行きはヨイヨイ帰りは怖い~とはよく言った物で
復路は疲れから大幅にペースダウンしました
このペースだとレンタル自転車の返却時刻の5時に間に合いそうにないので
写真の撮影はこの場所で諦めて自転車を漕ぎ続けました
今は無事に帰ってこれた事にただ感謝です
この旅の道連れになってくれた甥っ子のW君よくがんばりました、ありがと~。





ブログ見て下さってありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://daablog.exblog.jp/tb/22686817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 0-cha | 2016-04-05 21:00 | 自転車 サイクリング | Trackback | Comments(0)